ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが   

オトコの子育て 第7話カテゴリの記事一覧

オトコの子育て 第7話 あらすじ

ドラマ「オトコの子育て」第7話 あらすじ

子どもたちが通う日の出小学校で授業参観ウィークが始まる。「普段のままの君たちを見てもらおう」と子どもたちに呼びかける洋介(小泉孝太郎)だったが、そう言っている洋介こそが普段と違う感じ。勢い余って弥生(国仲涼子)に告白したはいいが、うやむやに片付けられてしまい、心ここにあらず、なのだ。一方の弥生も、洋介の前ではつい身構えてしまうのに、篤(高橋克典)とは会えばいつもケンカになるものの、彼の前では自然体でいられることに、戸惑いを覚え始める。

弥生(国仲涼子)の気持ちはどうなるのかな?

一方、凛子(夏居瑠奈)が健太郎(吉川史樹)や真美(遠藤由実)に口止めしているため、篤は授業参観の情報を知らずにいた。篤がまともに働いていないことは学校でも噂になっており、健太郎はそれを理由にイジメにまであっていたのだ。

自分がイジメの原因を作ったと凛子から聞かされた篤は、酔いつぶれるほど気落ちするものの、翌日から人が変わったように積極的に仕事をもらいに出向いたり、料理作りに挑戦したりと、父親らしく振る舞おうと努力を始める。弥生はそんな篤をサポートしながら、以前にも増して篤を意識するように。そして、篤お手製の弁当を持って子どもたちと出かけた先で母親と勘違いされた弥生は、動揺する自分に激しく困惑してしまう。いつも当たり前のように矢野家の中にいて、それが幸せだった。でも自分は本当の家族ではない。母親に間違えられたことで、その事実に改めて気づいてしまったのだ。弥生からそのことを聞かされた洋介は、弥生の気持ちは篤にあるのだと気づいてしまう。

おっとやっと自覚です弥生(国仲涼子)

一方、篤の努力は功を奏し、凛子の気持ちも氷解。授業参観に来て欲しいと言われた篤は、慣れないネクタイを結び、学校へと向かう。子どもたちの授業を真剣にかつ楽しみながら参観した篤は、弥生に「面白いからあんたも来れば」と誘いの電話をかけるが、複雑な心情の弥生は、「私が行けば、また保護者と勘違いされますよ!」と怒って電話を切ってしまうのだった。

ほんとは行きたいくせに、、弥生(国仲涼子)さん素直に、、

健太郎をいじめていたクラスメートとも、一緒にドッジボールをしてたちまち仲良しになってしまった篤。凛子もそんな篤の姿を少し誇らしげに見ていたのだが、その直後、とんでもないトラブルが矢野家を襲う。

竜也(熊谷知博)が家出し、その原因を篤のせいにされてしまったのだ。本当は、洋介と冴子(鈴木砂羽)の仲を正樹(尾美としのり)が勘違いし、二人の夫婦喧嘩を聞いてしまったからなのだが、竜也のメールには「人は変われるって隣のおじさんが言っていました。僕も変われるかためしてみます」と書かれていたため、正樹は家庭内の問題などまったく気にせず、篤に猛抗議。訴えるとまで言い出す。

相変わらす、関係ないことに巻き込まれる篤(高橋克典)さんです。

凛子からその連絡を受けた弥生は、一度は仕事中だからと電話を切るものの、やはり気になってしまい、凛子と合流。二人が矢野家へと戻ると、なんと竜也が健太郎や真美と遊んでいた。竜也の家出は、ほんの10メートルだったのだ。弥生と洋介は竜也を中西家に帰し、そのことをまだ竜也を探しているはずの篤に報告しようと電話をかけるが、篤の携帯は矢野家に脱ぎ捨てられたスーツのポケットに入ったままだった。

最初は篤が着替えの際に携帯を忘れたのだと思っていた弥生や凛子だったが、篤は夜になっても帰らず、心配した弥生は篤の携帯からみさよ(青山倫子)に電話をかける。自分のところには連絡はないというみさよだったが、「6年前と似てる。あの時もふっと家を出てそれから6年間帰らなかったのよね」と言われた弥生は、否定しながらも動揺を隠せない。

その頃、クリスマスソングが流れる夜の街をブラブラと歩く篤の姿があった。手には6年前のクリスマスイブに撮られた写真が。そのままどこへともなく歩いて行く篤で……。

篤(高橋克典)は、どこかいっちゃうの?どうなる〜
篤(高橋克典)帰ってきてー
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第7話

オトコの子育て 第7話 予告

ドラマ「オトコの子育て」第7話 予告

子どもたちが通う日の出小学校で授業参観ウィークが始まる。「普段のままの君たちを見てもらおう」と子どもたちに呼びかける洋介(小泉孝太郎)だったが、そう言っている洋介こそが普段と違う感じ。勢い余って弥生(国仲涼子)に告白したはいいが、うやむやに片付けられてしまい、心ここにあらず、なのだ。一方の弥生も、洋介の前ではつい身構えてしまうのに、篤(高橋克典)とは会えばいつもケンカになるものの、彼の前では自然体でいられることに、戸惑いを覚え始める。

洋介(小泉孝太郎)やっちゃった、、、って感じですねぇ。
弥生(国仲涼子)も、気づき始めたかな、、??

一方、凛子(夏居瑠奈)が健太郎(吉川史樹)や真美(遠藤由実)に口止めしているため、篤は授業参観ウィークの情報を知らずにいた。篤がまともに働いていないことは学校でも噂になっており、健太郎はそれを理由にイジメにまであっていたのだ。

自分がイジメの原因を作ったと凛子から聞かされた篤は、翌日から人が変わったように積極的に仕事をもらいに出向いたり、料理作りに挑戦したりと、父親らしく振る舞おうと努力を始める。弥生はそんな篤をサポートしながら、以前にも増して篤を意識するように。そして、篤お手製の弁当を持って子どもたちと出かけた先で母親と勘違いされた弥生は、動揺する自分に激しく困惑してしまう。

篤(高橋克典)が心変わりしたか!!弥生(国仲涼子)はどうなる??
次週も「オトコの子育て」気になりますね。
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第7話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。