ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが   

オトコの子育て 第6話カテゴリの記事一覧

オトコの子育て 第6話 あらすじ

ドラマ「オトコの子育て」第6話 あらすじ

末っ子の真美(遠藤由実)が、商店街で見つけた1万円の人形が欲しいと言い出した。だが、無駄遣いはできないと凛子(夏居瑠奈)に諭され、ご飯も食べずにベッドの下に閉じこもってしまう。心配した弥生(国仲涼子)は、お金は一生懸命働いてもらうものだと説き、家やお店の手伝いをしてくれたらお小遣いをあげるという約束を交わす。だが、一方の篤(高橋克典)は家に入れる生活費もままならず、競馬で一発大もうけを企む始末。

これこれ、一発大逆転はだめですよ、、篤(高橋克典)

そんな篤に、珍しくまとまった額の仕事が舞い込む。生活費のため、柄にもなくコツコツと仕事に打ち込む篤。真美もまた、わずかずつながらお小遣いを貯めていく。ところが、ある日を境に真美の働き方に変化が現れる。仕事内容に「笑顔」とか「声かけ」といったオプションが付けられ、割増料金を請求するようになったのだ。入れ知恵の主はもちろん篤。「生きる知恵」を授けたと悪びれない篤に、弥生は大激怒! 真美に5千円を渡し、二度とこんなことはしないと約束させる。

だが、仕事の資料を購入するにも困っていた篤は、その真美の5千円をこっそり借りることに。しかも、その直後、仕事の依頼主が倒産の危機に。ギャラの支払いが遅れ、篤はピンチに陥る。どうにかごまかして弥生に借りようとするが、怒り心頭の弥生が貸してくれるはずもなく、いつもなら貸してくれるみさよ(青山倫子)も、篤が先にやよいに借りようとしていたことに怒ってしまい、借りることが出来ない。

篤(高橋克典)は、タイミングも悪いですねぇ。
こっそり借りないで、ちゃんと説明すればいいのに、、、

困った篤は、集まったお金を確認しようとする真美を制し、「しょっちゅう金を数えると減るんだぞ」とウソを教え、「お金をもっと欲しい欲しいって思ってると、自分のためじゃなくて、金のために生きてるみたいだろ。そういうのは嫌だなぁ」と説くのだった。

その頃、真美のお駄賃入れの缶を落としてしまった凛子が、5千円が消えていることに気づき、弥生を呼び出していた。二人は篤の仕業であることを確信。真美がショックを受けてはいけないと、弥生は再び5千円を入れておく。そんなことは知らない篤は、洋介(小泉孝太郎)に頭を下げ、5千円を借りることに。

またまた、ややこしい展開に。。

翌日、缶を落としてしまった真美は、5千円が二枚入っていることに大喜び。「神様が真美のお願いを聞いてくれた」と小躍りしながら、人形を買いに行ってしまう。凛子から連絡を受けた弥生は、洋介に呼び出されていたものの、まずは矢野家へと走る。

夜中にお金を戻したため、中に5千円が入っていたことに気づかなかったという篤を、「あなたが使い込んだりしなければ、こんなことにならなかった」と責める弥生。そのとき、倒産の危機にあった仕事の依頼主が矢野家を訪れる。やっと資金繰りがついたからとギャラを持ってきてくれたのだ。篤が支払いを待ってやっていたことを再び責める弥生。

そこに真美が帰ってくる。ところが、真美が買ってきたのは、欲しかったはずの人形ではなく、みんなで遊べるゲームだった。「お人形を買うより、みんなで遊んだほうが楽しいでしょ。残りのお金は貯金する」と笑顔で話す真美。「お金に生きるのはいやだもん。お父さんがそう言ったの」と言う真美を優しく見つめる篤。1万円を返そうとする篤に、弥生は「最初の5千円は真美ちゃんにあげたものだから」と5千円だけを受け取るのだった。

いや、真美かわいすぎます、、(ノ_-。)グスン

一同がゲームをやろうとしたそのとき、弥生は洋介に呼び出されていたことを思い出す。待ち合わせ場所に駆け込んだ弥生に、意を決した洋介は、「あなたが好きです」と告白。何かと矢野家の世話を焼く弥生の姿を見て、一方的に篤をライバル視し始めた洋介はいてもたってもいられなくなっていたのだ。突然の告白に、驚く弥生で……!?

洋介(小泉孝太郎)も、またまた微妙なタイミングで告白を、、、
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第6話

オトコの子育て 第6話 予告

ドラマ「オトコの子育て」第6話 予告

末っ子の真美(遠藤由実)が、商店街で見つけた1万円の人形が欲しいと言い出した。だが、無駄遣いはできないと凛子(夏居瑠奈)に諭され、ご飯も食べずにベッドの下に閉じこもってしまう。

真美(遠藤由実)ちゃんかわいいですね。このぐらいのわがままなら
ゆるしてしまいそうです^^;

心配した弥生(国仲涼子)は、お金は一生懸命働いてもらうものだと説き、家やお店の手伝いをしてくれたらお小遣いをあげるという約束を交わす。だが、一方の篤(高橋克典)は家に入れる生活費もままならず、競馬で一発大もうけを企む始末。

篤(高橋克典)は、相変わらず、発想が、、、、

そんな篤に、珍しくまとまった額の仕事が舞い込む。生活費のため、柄にもなくコツコツと仕事に打ち込む篤。真美もまた、わずかずつながらお小遣いを貯めていく。ところが、ある日を境に真美の働き方に変化が現れる。仕事内容に「笑顔」とか「声かけ」といったオプションが付けられ、割増料金を請求するようになったのだ。入れ知恵の主はもちろん篤。「生きる知恵」を授けたと悪びれない篤に、弥生は大激怒! 真美に5千円を渡し、二度とこんなことはしないと約束させる。

真美に悪知恵までも、、、笑顔は0円ですよ^^;

また、何かと矢野家の世話を焼く弥生の姿を見て、一方的に篤をライバル視し始めた洋介(小泉孝太郎)は、ついに心を決めて弥生を呼び出す……!?

洋介(小泉孝太郎)の恋の行方はどうなるんでしょう、、
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第6話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。