ドラマの主題歌を聴くなら!⇒PV無料動画ファイルナビJ−POP館

お役立ち口コミサイト

株式投資    FX(外国為替取引)    不動産・投資    仕事・就職・資格

ドラマ    ダイエット・健康    腰痛    視力回復    ニューハーフの美容法

審美歯科    髪の悩み    結婚・出会い    キャッシング    わきが   

オトコの子育て 第2話カテゴリの記事一覧

オトコの子育て 第2話 あらすじ

ドラマ「オトコの子育て」第2話 あらすじ

矢野家で篤(高橋克典)と子供たちの奇妙な同居生活が始まって数日後。子どもたちが通う日の出小学校では、近く開かれる運動会のため、長女・凛子(夏居瑠奈)の担任・洋介(小泉孝太郎)たち教師が準備に追われていた。洋介は運営委員長ということもあり、かかるプレッシャーは人一倍。学校一のクレーマー、中西家の父親・正樹(尾美としのり)からは、“運動会開催日の過去の平均降水確率は低くない。万が一雨で順延になった場合、予備日には予定があるため参加できなくなるが、その責任はどう取るのか”という理不尽な電話がかかってくるなど、まさに天に祈る思いの洋介。

一方、矢野家では運動会を楽しみにしている次女・真美(遠藤由実)とは対照的に、運動が苦手な長男・健太郎(吉川史樹)は日ごとに元気が無くなっていた。篤は篤で、子どもたちには応援に行くと言ったものの、運動会の開催日を忘れてしまい、その当日に昔の彼女・斎藤みさよ(青山倫子)の家に残してきた荷物を取りにいくと約束してしまう。さらに、みさよが家にいるところに真美が帰ってきたため、篤は口封じのためにみさよと共に真美を連れて買い物に出かける。その3人の姿を、偶然にも弥生(国仲涼子)が目撃していた。

篤と真美が帰宅すると、てるてる坊主を逆さに吊るそうとした健太郎を凛子が叱りつけていた。雨で中止になればいいと思っている弟の意気地の無さを叱咤激励する凛子だったが、それを聞いた篤は「ビリだっていいじゃん。負け犬で何か問題あるの?」と言い出し、その言葉に呆れかえった凛子は、健太郎と真美を連れて弥生のもとへと緊急避難してしまう。

真美の発言から、篤が運動会当日にみさよとデートの約束をしていたと思い込んだ弥生は、『親父ん家』で飲んでいた篤を連れ出し、子どもたちがかわいそうだと問いつめる。デートではなく、預けていた荷物を取りに行くだけだとわかったものの、そうすると前日の夜に場所取りができなくなると言い出す篤。篤がそこまでして子どもたちの応援をしようと思っていたことに少し感動した弥生は、自分が代わりに並ぶと言い出す。

そして、運動会前日。弥生から子どもたちに頑張れといってあげて欲しいといわれた篤だったが、どうしても「頑張れ」という言葉が出てこない。そんな中、篤は編集長の光代(土田早苗)から至急の仕事を頼まれてしまう。篤が以前言っていたユニークな絵馬の写真でグラビア記事を作って欲しいというのだ。そこで篤は健太郎と真美を連れて、いくつかの神社を回ることに。楽しそうに絵馬の写真を撮る篤の背中を、なんだか嬉しそうに見つめる健太郎。健太郎たちは、篤が仕事をしている姿を初めて見たのだった。

その夜、弥生が校門の前に並んでいる頃、篤は家で原稿を書いていた。「自分が頑張っていないのに、お前たちに頑張れなんて言えないよな。でも今日は頑張らなきゃいけなかったんだ。でもこんなんじゃダメだな」とつぶやく篤に、「でも、楽しそうだった」と答える健太郎。そして、「ビリじゃダメかな」という健太郎の問いに、篤は「どうせビリなら愛されるビリにならなきゃいけないんじゃないか」と答える。

一方の弥生は、他の父兄がビデオ撮影のために並んでいると知り、篤にビデオカメラを持っているかと連絡を入れるが、篤はビデオなど持っていない上に、荷物を取りに行くことも忘れていた。自分が何のために並んでいたのかと呆れ果てる弥生に、「じゃ、帰れば」と悪びれることもなく言い返す篤。その言葉に、意地になって並び続けた弥生だったが、雨が降り出してしまい、結局帰ることに。その頃、矢野家では健太郎が今度はちゃんと頭を上にして、てるてる坊主を吊るしていた。

そして運動会当日。雨も上がり、篤と知人に借りたビデオカメラを持った弥生が応援する中、健太郎のリレーが始まった。遅いながらも一生懸命走る健太郎を大声で応援する篤。結局ビリでゴールしたものの、健太郎は晴れ晴れとした笑顔を見せる。その様子を撮ったビデオを見ながら、真美に「お兄ちゃん、ビリ〜」と言われた健太郎は、「ただのビリじゃないよ」とつぶやくのだった。

ドラマ「オトコの子育て」なんだかんだで篤(高橋克典)と子供たち
すこしづつ上手くいきそうですね。
篤(高橋克典)の適当っぷりは、すごいですけど、、、^^;
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第2話

オトコの子育て 第2話 予告

ドラマ「オトコの子育て」第2話 予告

矢野家で篤(高橋克典)と子供たちの奇妙な同居生活が始まって数日後。子供たちが通う日の出小学校では、近く開かれる運動会のため、長女・凛子(夏居瑠奈)の担任・洋介(小泉孝太郎)たち教師が準備に追われていた。洋介は運営委員長ということもあり、かかるプレッシャーは人一倍。学校一のクレーマー、中西家の父親・正樹(尾美としのり)からは、運動会開催日の平均降水確率の高さで、万が一雨で順延になった場合、予備日には予定があるため参加できなくなるが、その責任はどう取るのかという理不尽な電話がかかってくるなど、まさに天に祈る思いの洋介。

一方、矢野家では運動会を楽しみにしている次女・真美(遠藤由実)とは対照的に、運動が苦手な長男・健太郎(吉川史樹)は日ごとに元気が無くなっていた。思い余って、てるてる坊主を逆さに吊るす健太郎。雨で中止になればいいと思っている弟の意気地の無さを叱咤激励する凛子だったが、それを聞いた篤は「ビリだっていいじゃん。負け犬で何か問題あるの?」と言い出し、その言葉に呆れかえった凛子は健太郎と真美を連れて弥生(国仲涼子)のもとへと緊急避難してしまう。

さらに篤は、子どもたちには応援に行くと言ったものの、運動会当日に昔の彼女・斎藤みさよ(青山倫子)の家に残してきた荷物を取りにいくと約束してしまう。さらに、急ぎの仕事も入ってしまい……!?

次回ドラマ「オトコの子育て」
はたして、篤(高橋克典)は、運動会の応援に行くことが出来るのか!
間に合えば、子供達の距離が縮まるかも?
次回も「オトコの子育て」見逃せません。
posted by オトコの子育て | オトコの子育て 第2話
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。